貸借対照表における資産の各項目の内容についてわかり易く解説【初心者向け】

貸借対照表の資産(=財産)の項目には大きく分けて流動資産と固定資産があります。

流動資産:一年以内に現金にすることのできる資産、もしくは現金
固定資産:一年以上現金にすることができない資産

流動資産と流動負債はさらに細分化されています。つまり、会社が持っている財産を種類別に分類しているわけですね。今回はその基本的な項目について解説します。

貸借対照表って何?というかたは、以下の記事で解説していますので、是非ご覧ください。

基本三表とは何? 貸借対照表編【企業の資産残高とその調達方法を記載した表】

  • 流動資産
    • 現金・預金
    • 有価証券
    • 売掛金
    • 棚卸資産
  • 固定資産
    • 有形固定資産
    • 無形固定資産
    • 投資その他資産

【流動資産】現金・預金

その名の通り、企業が手元に持っているお金や、銀行に預けている預金のことです。

【流動資産】有価証券

一年以内に売る予定(売買目的)の証券です。証券とは、例えば上場企業の株式などが該当します。
一方で、一年を超えて長期的に保有する目的で持っている証券は、後ほどでてくる固定資産に分類されます。

【流動資産】売掛金

売掛金(うりかけきん)とは、まだ受け取っていない売上金のことです。

私生活において何か物を買うときは、その場で現金や電子マネーで支払いますよね。

一方、ビジネスにおいては、何か物やサービスを売ったとしても、その場で現金で支払われることはあまりありません。契約にもよりますが、「請求書を発行した翌月末払い」のように、売ってからしばらく時間をあけてお金が振り込まれる場合が多いです。

あなたがビジネスで物やサービスを売って、その対価を受け取るまでの間の期間、あなたの手元にはお金はありませんが、将来的に「対価を受け取る権利」は持っています。この「対価を受け取る権利」のことを売掛金びます。

【流動資産】棚卸資産

棚卸資産(たなおろししさん)とは、在庫のことです。将来的に売るつもりで仕入れたり製造しているが、まだ売れておらず手元に残っているもののことを言います。

【固定資産】有形固定資産

有形固定資産とは、1年を超えて長期的に保有することを目的として持っているもののうち、目で見ることのできるものを言います。

例えば、「製造設備」、「建物」、「社用車」などは、短期的な売買を目的としておらず、目で見ることのできるものなので、有形固定資産に分類されます。

【固定資産】無形固定資産

無形固定資産とは、1年を超えて長期的に保有することを目的として持っているもののうち、目で見ることのできないものを言います。

少し難しいですが、例えば、「社内システムのソフトウェア」、「お金を出して購入した特許権」、「キャラクターの商標使用権」といったものは、短期的な売買を目的としておらず、目で見ることのできない資産なので、無形固定資産に分類されます。

【固定資産】投資その他資産

固定資産に分類される投資その他資産とは、例えば長期的な保有を目的とする株式等が該当します。

例えば、子会社を作って、その株式を持っている場合、この株式を保有する目的は子会社の管理と支配であり、短期的に売却することを目的としていません。こういった、売買を目的とせず、長期的に保有する目的で保有する株式等は、投資その他資産に分類されます。

財務諸表の読み方等については、以下のまとめもご覧いただければと思います(随時更新中です)。

【初心者向けまとめ】財務諸表って何?財務諸表の読み方をわかりやすく解説

最新情報をチェックしよう!