基本三表とは何? キャッシュフロー計算書編【活動ごとに企業のお金の流れを把握するための資料】

企業が利害関係者に対して、経営成績や財政状況を伝えるための資料として、財務諸表を作成します。財務諸表のうち、損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書を合わせて、「基本三表」や「財務三表」と言います。財務三表は、有価証券報告書にも記載されています。

今回はこのうちキャッシュフロー計算書についてご説明します。

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュフロー計算書とは、企業の1年間の会社のお金(=現金)の流れを詳細に示した表です。

要するに、どのような活動により企業に現金が入ってきて、どのような活動により現金が出ていったのかを示しています。

注意していただきたいのは、キャッシュフロー計算書で表されるのは、利益の流れではなくて、お金の流れということです。ただ、会計に慣れていない方にとってはちょっとややこしいので、本記事ではこの解説は割愛させていただきます。

貸借対照表とは何が違うの?

以前の記事で、貸借対照表について解説しました。

基本三表とは何? 貸借対照表編【企業の資産残高とその調達方法を記載した表】

また、別の記事で、貸借対照表の資産項目についても解説しています。

貸借対照表における資産の各項目の内容についてわかり易く解説【初心者向け】

こちらを読んでいただくと、貸借対照表の資産項目にも「現金」が記されていることがわかります。

確かに、貸借対照表でも、前期と今期でどのくらい現金が増減したのかは確認できます。ただ、キャッシュフロー計算書では、「どのような活動で」増減したのか?というのが確認できるため、より詳細なお金の流れを把握できます。

この「どのような活動で」というのは以下の3つに分類されます。

  • 営業活動によるキャッシュフロー
  • 投資活動によるキャッシュフロー
  • 財務活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローは、営業CFとも略されます。

これは、本業である商売において、現金がどれだけ増減したのかを表します。

この数値がプラスの企業は、ビジネスにおいて現金(キャッシュ)を生み出す力が強いということです。

そういう企業は現金が手元に潤沢に確保できるわけですから、新たなビジネスに現金を投資したり、設備の修繕にお金を使ったりできるわけです。

一方、この数値がマイナスの企業はどうでしょう。もしかしたらビジネスの導入段階にあり、多額の商品仕入れ等が先行している状況かもしれません。ただ、ある程度成熟した企業であれば、通常営業CFはプラスになるはずなので、これがマイナスである場合は、経営に何らかの問題が生じている可能性が懸念されます。

投資活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローは、投資CFとも略されます。

これはその名の通り、企業が行う投資に関する現金の増減を表しています。

企業は通常投資に現金を使って、営業活動で現金を獲得しますので、多くの場合、この数字はマイナスになります。

そのマイナスが大きければ大きいほど、その企業が投資に積極的であることがわかります。

ただ、積極的に投資をしている場合は、それに伴って営業CFのプラスも大きくなっていかなければなりません。投資CFのマイナスだけが大きく、営業CFのプラスが小さい場合は、過大投資となっている可能性が危惧されます。

財務活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフローは、財務CFとも略されます。

これは、資金調達に関する現金の増減を表しています。

例えば、銀行から資金を借りたり、投資家から出資を受けたりすると、企業の現金は増えます。

一方で、銀行からの借金を返済したり、投資家に配当を支払ったりすることで、企業の現金は減ります。

財務CFの動きは事業のステージにもよって異なるのですが、主に企業のスタートアップ期においては多くの資金を調達して事業を拡大していきますのえ、財務CFはプラスになります。

一方で、企業が成熟期に入ると、すでに過去調達した資金でビジネスを回すようになるので、財務CFはゼロに近づいていきます。

もしくは、自己資本比率を上げるために事業で儲けた利益を借金の返済に充てることで、財務CFがマイナスとなる場合もあるかもしれません。

※自己資本比率については以下の記事を参照ください。
 基本三表とは何? 貸借対照表編【企業の資産残高とその調達方法を記載した表】

初心者向けの財務会計講座は以下のリンク先にまとめていますので、よろしければご覧ください(随時更新中)

【初心者向けまとめ】財務諸表って何?財務諸表の読み方をわかりやすく解説

最新情報をチェックしよう!