基本三表とは何? 貸借対照表編【企業の資産残高とその調達方法を記載した表】

企業が利害関係者に対して、経営成績や財政状況を伝えるための資料として、財務諸表を作成します。よく聞く「決算」とは、この財務諸表を作るために企業の損益実績(=一定期間でいくら稼いだか)や資産残高(=ある時点でいくら持っているか)を明らかにする作業のことを指します。財務諸表のうち、損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書を合わせて、「基本三表」や「財務三表」と言います。財務三表は、有価証券報告書にも記載されています。

今回はこのうち貸借対照表についてご説明します。

  • 貸借対照表とは
  • 特に重要な項目①「負債と株主資本の割合」
  • 特に重要な項目②「流動資産と流動負債の割合」

貸借対照表とは

貸借対照表とは、ある一時点(年度末時点、四半期末時点、半期末時点等)における、以下の情報を示した書類です。

  • どの程度の財産を保有しているか
  • どの程度の借金があるか
  • どの程度の資本金や過去の利益の積立があるか

全体の構成は以下のとおりです。

貸借対照表は資産の部、負債の部、株主資本の部で構成されています。

貸借対照表は左右に並べて記載されることが多いのですが、その際には左側に資産、右側に負債と株主資本の金額が示されています。そして、貸借対照表の特徴は、以下の式が必ず成り立つということです。

資産の金額 = 負債の金額 + 株主資本の金額

左側と右側の合計金額が必ず一致することから、貸借対照表は英語で「バランスシート」と言います。

会社は事業運営をする上で様々な資産(現金とか、在庫とか)を持っていますが、それを手にいれるための手段としての負債(銀行からの借入等)と株主資本(株主からの出資等)との関係を示しています。

つまり、「価値のある財産をどの程度持っていて、その元となるお金はどうやって調達したの?」ということを示す書類であると言えます。

貸借対照表において特に重要な項目は2つです。

  • 負債と株主資本の割合
  • 流動資産と流動負債の割合

特に重要な項目①「負債と株主資本の割合」

まずは、負債と資本の割合についてです。特に、全体(負債+株主資本)に占める株主資本の割合がどの程度かというのが重要になります。この、全体に占める株主資本の割合のことを、自己資本比率と言います。

負債と株主資本の違いは次の通りです。

  • 負債  :返済義務あり、利子の支払いが必ず発生する(銀行からの借金等)
  • 株主資本:返済義務なし、配当の支払いが必要となることがある

自己資本比率が高いということは、返さなくても良い株主資本の割合が高いということですから、経営状態が安定している(=倒産しにくい)と言えます。自己資本比率が50%以上の会社は、非常に安定していると言えるでしょう。

特に重要な項目②「流動資産と流動負債の割合」

次に流動資産と流動負債の割合についてです。

  • 流動資産:1年以内に現金化できる資産(現金を含む)
  • 流動負債:1年以内に返済が必要となる借金

この、流動負債に対する流動資産の割合のことを、流動比率と言います。

流動比率が100%未満ということは、1年以内に返済が必要となる借金よりも、1年以内に現金化できる資産が少ないということです。

例えば、あなたが今月100万円借金を返さなければいけないのに、現時点での貯金残高が90万円しかない!という状態のようなものです。(流動比率=貯金残高90万円 ÷ 借金返済100万円 = 90%)

流動比率が100%未満であるとしたら、資金調達の計画を見直す必要があるかもしれないというサインになります。

この流動比率は一般的に150%以上あれば安全水準であると言えます。

財務諸表の読み方については、以下のまとめをご覧いただければと思います(随時更新中です)。

最新情報をチェックしよう!