ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析とは?【違いや活用方法についてわかりやす解説】

こんな人に
オススメ
株式投資を始めてみたいんだけど、どうやって銘柄を選んだらいいかわからない。。。ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析って聞いたことがあるけど、初心者でもできるの?他の分析手法と何がちがうの?
Kou
この記事を読めば、株の買い方や判断についてのポイントがわかります。投資判断に役立つファンダメンタルズ分析の概要や、テクニカル分析の概要についても解説していますので、これから株式投資を始めたいという方は是非ご一読ください。

どの株を買うべきか?を考える時に使える分析手法

株式投資とは、ある企業の株式を買って配当(利益)を受け取ったり、安く買った株式を高く売ることで利益を得ることを言います。

いずれも、基本的には「株式を買う」ところからスタートします。

では、どの企業の株式を買えば良いのでしょうか。それを判断する際に使用する手法が大きく分けて2つあります。

1つが「ファンダメンタルズ分析」で、もう一つが「テクニカル分析」です。

それぞれの特徴を簡単にまとめてみましょう。

  • ファンダメンタルズ分析
    企業の業績や財政状態、市場環境等を考慮して、今後成長していくと見込める企業の株式を買う手法。
    株価がどのような動きをしているかというのは考慮しない。
    主に、長期的なスパンの投資に向いていると言われている。
  • テクニカル分析
    過去の株価の変動パータンから、今後株価が上がるか、下がるかを予測する手法。
    会社の業績や財政状態等は考慮しない。
    主に、短期〜中期的なスパンの投資に向いていると言われている。

短期・中期・長期の投資スタイルに合わせてどちらか一方の分析手法に基づき投資判断を行う人もいますが、私がオススメするのは、両方の分析を使うハイブリットな手法です。

具体的には、ファンダメンタルズ分析で中長期的に成長が見込める企業を絞り込み、その中でチャートが良い形(これから上がりそうな形)になっている株を買うといったイメージです。

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析が目指すところは、端的に言えば以下です。

今後成長が見込める企業の株を、できるだけ割安で買うこと。

これに尽きます。

まずは、今後成長が見込める企業の株をどう選ぶかという点について。

これは主に企業が公開している財務諸表から読み解きます。

※財務諸表については以下の記事でも解説しています。
財務諸表とは何か?その作成目的と入手方法についてご紹介します

財務諸表にはいろいろな情報が記載されておりますが、初心者は以下の項目について確認してみると良いでしょう。

確認するもの使う指標
企業の収益性を確認する・株主資本利益率(ROE)
・純資産利益率(ROA)
企業の本業の成長性を確認する・売上高の増加割合
・一株あたり純利益(EPS)の増加割合
企業の安定性を確認する・フリーキャッシュフロー(FCF)
・自己資本比率
現在の株価が割安か割高かを確認する・株価収益率(PER)

それぞれの項目の説明は後回しにするとして、私が株式購入の目安としている数値は以下の通りです。

ROE:
10%以上あれば優良(欲を言えば、15%以上)

ROA:
5%以上あれば優良(欲を言えば、10%以上)

売上高の増加割合:
過去3年間増加傾向であれば優良

EPSの増加割合:
過去3年間増加傾向であれば優良

FCF:
プラスであればとりあえずは問題なし

自己資本比率:
30%以上であればとりあえずは問題なし

PER:
15倍以下であれば割安

あくまでも私が目安としている数字ですので、慣れてきたら皆さんのリスク許容度に応じて参考にする数値を変えてみるのも良いかもしれません。

なお当然ですが、優良企業の株を買えば必ず儲かる!ですとか、絶対に損しない!というわけではありませんので、その点はご了承ください。

各項目の詳細を書いていくと長くなるので、別記事で記載することとします。

ROE、ROA:執筆中

FCF:執筆中

自己資本比率:執筆中

EPS、PER:株価の適正価格ってどうやって測るの?に対する一つの答え【EPSとPERと株式益利回りについて解説】

ファンダメンタルズ分析の流れとしては、まずは企業の財務諸表を確認して、各項目の数値を確認します。

そして、その企業が収益性が十分にあり将来の成長も見込め財務的に安定した企業であることが確認できたら、次は現在の株価が割安か割高かをPERで確認します。

なお、PERだけは財務諸表(有価証券報告書)からは、確認できません。なぜなら、株価は日々変動しており、その企業の株価が割安か割高かはその時の株価に左右されるからです。

PERが低く、割安だ!と感じたら「買い」ということになります。

これがファンダメンタルズ分析を活用した意思決定の基本的な流れです。

テクニカル分析とは

一方、テクニカル分析においては、企業の財務諸表は一切気にしません。

テクニカル分析できにするのはその企業の株価のチャート(株価の値動き)がどのように動いているか?ということです。

チャートの動きをみて、これから上がりそうな動きだなと思えば「買い」ですし、逆に下がりそうな動きだなと思えば「売り」と判断します。

テクニカル分析には様々な手法があり、専門書も山ほどでているのですが、ここでは基本的な指標を3つご紹介いたします。

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • MACD

上記はいずれもテクニカル分析で活用できる指標なのですが、大体どの証券会社もチャートをみる画面で様々な指標を表示できるようになっています。

移動平均線
移動平均線とは、テクニカル指標の中でも最も一般的な指標です。これは、 過去の一定期間の終値の平均値を算出し、その値をつないだラインのことを指します。
移動平均線の傾きが上向きなら推移は「上昇トレンド(=株価は値上がり方向に動いている)」、下向きなら「下降トレンド(=株価は値下がり方向に動いている)」と判断できます。

ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差で構成されており、その名の通り幅(バンド)を示す指標です。価格の変動は、大半がこの幅(バンド)の中に収まるという統計学を応用した指標です。 一般的に株価は移動平均線から離れれば離れるほど反発し、移動平均線側へ戻ってくる可能性が高いといわれております。株価がボリンジャーバンドの幅の下の方にある時は、今後反発して上にいく可能性が高く、逆に幅の上の方にある時は今後反発したときに下落方向に移動していく可能性が高いと言えます。

MACD
MACD(マックディーと読みます)は、移動平均線を応用して編み出された人気のテクニカル指標です。MACDは「MACDライン」と「シグナルライン」と呼ばれる2本の線で表現されます。 一般的に、MACDラインがシグナルラインを下から上へ突き抜けると買いのサイン、逆に上から下へ突き抜けると売りのサインと判断されます。

おすすめの分析方法

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析どちらかにのみ依拠して投資判断をするよりは、両方を総合的に考えて判断することをおすすめします。

まず、ファンダメンタルズ分析を用いて、優良企業の洗い出しを行い、それを投資対象の母集団とします。

その中で、テクニカル分析やPER・PBRで株価の割安感や今後のトレンドを予想し売買を行うという方法です。

もちろん、よりリスクをとった投機的な投資(将来10倍になる株を買いたい!)といった方は、もっと別の手法を取る必要がありますが、長期的にコツコツと資産を形成したいという方にとっては、このファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を両方駆使したハイブリット手法は良いのではないかと考えております。

最新情報をチェックしよう!